元不動産屋が語るおすすめの引っ越しに関する情報

賃貸物件で一般的に必要な契約書類

賃貸でお部屋を探す場合には、お気に入りの物件を見つけるところからはじまり、お気に入りの物件が決まったら、契約に向けて進めていきます。賃貸物件に入居するためには「入居審査」が行われることが多くこの入居審査とは申込んだ本人が毎月きちんと家賃を払うことが出来るか、人柄として問題はないかなどをみることが大切なポイントとなります。

 

審査には1〜2日間の時間が必要となる場合が多く、入居希望者はその間に契約に必要な書類を用意し進めておくとよいでしょう。

 

賃貸物件で一般的に必要な契約書類は、

 

本人の印鑑証明(認印でも可)、本人の住民票(3ヶ月以内のもの)が必要ですが、これは契約者だけではなく入居される方全員の住民票を用意しましょう。また、本人の所得証明書(源泉徴収票、納税証明書などの収入が証明できる書類)も必要で、こちらは申込み時点でも必要な場合があります。

 

連帯保証人の印鑑証明、連帯保証人の収入証明書も用意する必要がありますが、ただしこちらは不要な場合もあります。そして連帯保証人の保証書(不動産会社から規定のフォームを提示されるのでそちらに連帯保証人になられる方の署名捺印が必要)については後日郵送を認めている不動産会社もあります。このように賃貸物件を契約するにあたり用意しておかなければならない書類があります。

 

印鑑証明や住民票のように公的な場所にいかないと用意できない書類などもありますので、スムーズに契約を進めるためには事前に用意しておくとよいでしょう。ただし、契約書類を用意する場合には、取り扱い物件や不動産会社によって異なる場合が多いため、必ず不動産会社に事前に必要書類の情報を聞いておくことが大切です。

 

特集!憧れの赤坂エリアの高級マンションに住みたい!

 

赤坂は、江戸時代には参勤交代で上京した大名とその家族を住まわせる藩の上屋敷の町であり、江戸幕府の政治機構の置かれていた場所でもあります。現在でもその高貴なイメージは強く、政財界の重要機関も多いエリアです。アメリカやカナダなどの大使館もあるため外国人や外国人向けのレストランなども多く、また大きなテレビ局があるために業界人やビジネスマンで深夜でも明るくにぎわっています。

 

このエリアのタワーマンションは単身者、または二人世帯用の物件が多いようです。多くのビジネスマンや業界人が会社から近いここに住居をかまえていたり、多忙時の仮住まいとして使っていたりします。近隣には外資系の金融会社なども多いため外国人の居住者が多いのも特徴です。大型のファミリー世帯向けの物件は少ないものの、落ち着いた大人向けの物件が多くなっているようです。

 

大きなスーパーや量販店などはあまりないのですが、外食中心の生活であるならば生活に不便を感じることはありません。レストランも世界中のいろいろな国の味が楽しめますし、夜遅くまで営業している店も数多くありますから不自由することはないと言えます。ただしビジネス街の店は週末は休日であることも多いので注意が必要です。

 

タワーマンションのだいごみである眺望もこのあたりは格別です。大きな神社などもあるために都心であっても緑が多く、夜は無数の高層ビルのイルミネーションが眼前に広がります。大人のビジネスマンにふさわしいスタイリッシュな生活ができる街です。